モンテッソーリの基本的な考えは、子どもたちには自らを成長・発達させる能力があるということです。各発達段階のニーズに応える特別な環境の中で、進む方向を見つける助けがあれば、子どもたちは真の潜在能力を発揮できるという理念に基づいています。

ほとんどの人にとって、モンテッソーリという言葉は、幼児教育を想起させるかも知れません。しかしこの言葉の範囲は幼い子どもだけに限定されていません。事実、モンテッソーリは思春期から成人期に至るまで、子どもたちに人生の取り組み方やアプローチの仕方を提供しています。モンテッソーリは単なる学校教育だけにとどまらず、自然な発達を促す最善の方法を知ることでもあります。

モンテッソーリは、子どもの観察に基づいて教育へのアプローチを開拓したイタリアの医師、マリア・モンテッソーリにちなんで名付けられました。このアプローチは100年以上経過した今も積極的に取り入れられています。

地球儀を見つめる子ども