モンテッソーリはどう違うのか?

子どもを観察するガイド(モンテソーリ教師)

根本的な違い

子どもの基本的な能力の形成にとって、人生の最初の数年間は非常に重要です-これは学校での学びだけでなく、集中したり、粘り強く続けたり、自分で考えたり、他人と交流したりする能力を含みます。これらの形成期に適切な援助を受けた子どもたちは、自発的で、学ぶことを愛する大人に成長します。柔軟かつ創造的に考えることができ、他人のニーズに気づくだけでなく、人生の歩みの中で積極的に調和を育むことができるように成長します。

従来の教育 VS モンテッソーリ 

従来の教育では、子どもが何を学ぶべきかは大人が決め、それを暗記したり思い出したりする能力は学業成功の尺度として使われます。教師は情報の積極的な提供者になり、子どもは消極的な受信者となります。

一方、モンテッソーリの取り組み方は、すべては子どもの活動に端を発しています。教師にはこれまでと異なる別の役割があります。それは適切な環境を子どもたちに提供し、その中から個々の子どもが自分に必要なものを見つけられるように導くことです。子どもたちは積極的な学習者となり、この時期の発達段階で必要なニーズに焦点を合わせられ、また自分自身のペースとリズムで学習できるため、その子どもの持つ唯一無二の可能性に到達することができるのです。

モンテッソーリ教育で提供できるもの
  • 環境では 個々の子どもの発達段階で各自が必要とするものを提供する
  • 大人とは 子どもの発達を理解し、子どもが自身の発達の道筋を見つけられるようガイドする人
  • 自由とは 子どもが自身の発達のタイムラインに沿って、自己の成長に集中できること