寝る前のパターン

このコンテンツがブロックされているのは、ビデオクッキーが受け入れられていないためです。
動画クッキーのみ受け入れる

お決まりのパターンを作る

  • もしお子さんを常に同じ時間に就寝して欲しいなら、子どもの就寝時間の流れを設定しましょう。これによって子どもは就寝時間が分かり、またこれは話し合いや交渉の余地がないことが理解できます。
  • 1日の流れは家族ごとに異なるでしょうが、どんな決め方をしても、活動が夜に向けて静かになる流れになるようにしましょう。例えば:遊び時間➡入浴時間➡読み聞かせ時間➡睡眠時間は完全にうまくいくでしょう。しかし読み聞かせ時間➡入浴時間➡遊び時間➡就寝時間は、子どものを寝る前に興奮させるので、親子対立の原因となります!

子どもにこの時間の流れを体験させる

  • 子どもと時間の流れについて話しましょう。例えば、「今夜はお風呂に入ってから、寝る前にどの本を読む?」と聞いてみましょう。そうすると、子どもは自分でその時間の流れを予測するようになり、やがて決まったパターンに前向きになるでしょう。

時間の贈り物

  • お子さんが一日の時間の流れの最後は、寝る時間だと受け入れるまでに、時間がかかる場合があります。最初の頃は、お子さんを何度もベッドに戻す日々もあり、忍耐力が必要な場合があるでしょう。
  • 大人が揺ぎなく、首尾一貫して時間の流れを実践することで、子どもも、もう寝る時間だと徐々に受け入れるようになるでしょう。
  • 「いつものパターン」が習慣化するのに、時間がかかることもあり、一回目からうまくいかなくても、繰り返し伝えていきましょう。時にはソファや他の場所で眠ってしまうこともあるかもしれません。親としては楽かもしれませんが、これは「いつものパターン」が子どもに定着するのを長引かせるかも知れません。